【代表が語る】フォーミュラハウスの誕生秘話とこだわり【8】

このシリーズでは、フォーミュラハウス(FORMULA HOUSE)の誕生秘話や変遷、こだわり等をご紹介しています。

第8回も、地震について語ります。


地震について(2)

以前ある新聞のコラムで「家が飛んだ」という話を見ました。

茶室が建っていたのですが、ある日大きな地震にあったそうです。

翌日旦那さんが茶室を見に行ったところ、別の場所に移動していたそうです。建物にはなんの損傷も無く、違う場所に建っていたそうです。

茶室は建物が軽く又棟梁の腕もたいしたものだったんでしょうね。

このように地震には多くの要素が絡み合いとても複雑です。



最後にひとつ気になるのですが、あのビルが何故倒れなかったか?焼け野原に建っていたあの超高層ビル。おそらく霞ヶ関ビルに違いない。

霞ヶ関ビルの固有周期は約5秒。

5秒という長い周期を伝える地震動(地盤)は無いそうです。

超高層ビルは、地盤の揺れとは関係なしで、固有の周期で建っていることができたということでしょう。

地震には、超高層ビルが一番強い。地震が起きたら超高層ビルに避難すれば安全かもしれません。

次回は「コストについて」です。

ぜひご覧ください。

有限会社 庄建

〒701-0112 岡山県倉敷市下庄785-3

TEL:086-462-6061(代)

FAX:086-463-3833

  • フォーミュラハウスのFacebookページ
  • フォーミュラハウスのInstagramページ

© 2018 Shoken All rights reserved.