【代表が語る】フォーミュラハウスの誕生秘話とこだわり【3】

このシリーズでは、フォーミュラハウス(FORMULA HOUSE)の誕生秘話や変遷、こだわり等をご紹介しています。

第3回は、デザインへのこだわりや、コンセプトについて紹介します。


シンプルイズベスト


フォ-ミュラハウスの基本デザインは、とにかくシンプルで、カッコ良く個性的で、機能的、こんな欲ばりなコンセプトをかかげました。

そんな中で一番悩んだのが、外壁です。

私は、今主流のサイディング壁には、したくありませんでした。なぜなら、漏水のクレ-ムが多い事、全てが偽物であるということ、そして一番いやな事は、デザイン上、目地があるという事でした。目地は、クラック防止等、建物の壁には、必ず入っています。目地無しの壁を造るには、動かない強い壁を造らなくては、なりません。


目地なしの壁


割れない壁を造るには、下地がとても大切です。

当時色んな情報が集まってくる中、ひとつの素材に眼がとまりました。

セメントボ-ドです。今では少しずつ使用されるようになってきているようですが・・

セメントボ-ドはアメリカの企業が生産元の輸入材です。

これが倉敷では最初チボリ公園で使われているというのです。

私はチボリ公園に行きました。

そこには、セメントボ-ドと旧来の素材で造られた壁が混在してあり、旧来の壁にはクラックが沢山はいっていましたが、セメントボ-ドの壁には、ほとんどクラックは、無かったのです。

あとで聞いた話ですが、ユニバ-サルスタジオも、セメントボ-ドが使われているそうです。

又硬質ウレタンの断熱材を吹き付ける事により壁がより強くなり、クラック防止になる事もわかりました。



コンセプトの確立


フォ-ミュラハウスの設計・デザインは自由です。

そのなかで私たちが確立したフォ-ミュラハウスのコンセプトを生かしてゆけば、素晴らしい住宅が造れると確信しました。

  • 構造は重量鉄骨・ラ-メン構造で建てる

  • 断熱材は、硬質ウレタン吹き付けとする

  • シンプルなデザインと機能美の追求

この3点をコンセプトとしてかかげました。



次回は「構造編」です。

ぜひご覧ください。

有限会社 庄建

〒701-0112 岡山県倉敷市下庄785-3

TEL:086-462-6061(代)

FAX:086-463-3833

  • フォーミュラハウスのFacebookページ
  • フォーミュラハウスのInstagramページ

© 2018 Shoken All rights reserved.